読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日1食 ゆるベジへの道      幸せなベジタリアンになる   

1日3食→1日2食→少しずつベジタリアン(お気軽ベジタリアン)→1日1食への道

2016年4月17日(日)の食事

ゆるベジの毎日の食事メニュー 雑記

f:id:orangesom:20160425004801j:plain

今日の夕食は以下の通り。

さっぱりサラダ丼
・酢飯(穀物酢/砂糖)
・レタス数種、サニーレタス、ニンジン
・ドレッシング
・黒ゴマ
・かつお節
・納豆
・温泉卵
・韓国海苔

おやつ
・モスフライドポテト
・ブルーベリー
・ミロアイス

この休み中は、どこにも出かけない代わりに浮いた旅費のつもりで自分の思うがままに食べた。そうすると不思議なことに、自分がいかにフライドポテト好きなのかがよく分かった。

これまでは自分はケーキも大好きで、毎日ケーキが食べたいと思っていると思っていた。でも毎日フライドポテトを食べる自分を許可したとたん、本当はケーキよりもフライドポテトの方がずっと好きで、毎日たくさん食べたいんだと気が付いた。

だから何なの?それが何の役に立つの?じゃあこれから毎日フライドポテトだけ食べて生きていくわけ?と自分にツッコミを入れつつも、こんなにフライドポテトが好きなのに、「それだけ食べるのは体に悪い」とか「他にもいろいろ美味しいものがあるのに」とか、いろんな(余計な)思いが浮かんで、フライドポテト好きを覆い隠していたのだと気付いた。

もちろんフライドポテトが好きなことは自覚していたし、ケーキより好きなことも実はちゃんと分かってはいたと思う。でも何だかちょっと心の奥底に仕舞い込んでいたような気がする。

何を言いたいかと言うと、自分が好きなものでもその思いをちゃんと認めて、それを自由に伸び伸びさせてあげないと、うっかり他の物にも目が行って、そのうち自分でもわけが分からなくなってしまうんじゃないかということ。

自分が本当に好きなものを本当に好きだといつも自覚し、他に惑わされないようにするのはすごく大変なのだと思う。